【放送授業】基盤科目(外国語科目)>01英語事始め>Session 3 空間と前置詞

・英語は空間をコンパクトに把握する言語である

・日本語は助詞(いわゆる「てにをは」)の種類が非常に多い。
助詞を使うとその語の役割が明確になるため、語順はそれほど問題にならない。
英語にはそれにあたる言葉がないため、語順が重要になる
(語順が正しくないと語の意味が明確にならない)
英語は最初にWho did what?に答えてしまい、
あとからwhere, when, how, whyを付け加えていく。
英語は次にどういう要素が来るのかが予め決まっている。
(語順が非常に重要)

Tips.

道が下がっていなくても遠ざかっていく方向をdownで、
逆に向かってくる方向をupで示す
  walk down the street - 通りを歩いて行く
  She walked up to me. - 彼女が私に近づいてきた

乗り物に乗るときのinとon
  大きめの公共交通機関の場合、onが普通(船、バス、電車、飛行機など)
  タクシーや車などの小さめの私的な乗り物の場合はin
  (onを使うと車などによじ登っている感じになってしまう)
  「電車に乗り込む」という動作を強調したい場合はget in the trainという
  使い方をすることも稀にある
  自転車やバイクなど中に入れないものは厳密にonを使う必要がある

大学生になった

この春から放送大学に入学し、大学生になった。

理由は学位が取りたいからである。

放送大学教養学部という学部のみなのだが、
教養学部というだけあって分野が幅広く、いろいろと面白そうな科目がある。

しかしながら、できるだけ早く単位を取得して卒業することが目的なので
得意な情報系と英語系を中心に単位修得を目指していく所存。

ここにもノートとして受講の記録を残していきたいと思う。
(あまり時間をかけてもアレなので簡単に)

さてさて。

www.ouj.ac.jp

悪魔召喚プログラム作ってみた

女神転生シリーズに出てくる悪魔召喚プログラムを作ってみた。

といってもただ単に文字列をゆっくり表示させるだけのプログラムです。
真・女神転生のオープニングがかっこよくて好きなので作ってみました。たまに走らせて悦に入っています。

def DSP_init(script)
 script.each{ |c|
  print c
  sleep(0.1)
 }
 64.times{
  print "\n"
  sleep(0.08)
 }
end

DSP_init("RESET:\n\tSEI\n\tCLC\n\tXCE\n\tCLD\n\n\tX16\n\tM8\
\n\n\tLDX\t#1FFFH\n\tTXS\n\n\tSTZ\tNMITIME\n\tLDA\t#BLANKING\
\n\tSTA\tINIDSP\n\n\tBJSR\tATLUS\n\n\t'EL\sELOHIM\sELOHO\sELOHIM\
\sSEBAOTH'\n\t'ELION\sEIECH\sADIER\sEIECH\sADONAI'\n\t'JAH\sSADAI\
\sTETRAGRAMMATON\sSADAI'\n\t'AGIOS\sO\sTHEOS\sISCHIROS\sATHANATOS'\
\n\t'AGLA\sAMEN'\n".chars)

ブラウザで走るようにしてみたいなぁ。


スーファミ 真 女神転生 【OP】

東野圭吾『殺人の門』

読みました。  

けっこう長い話だけど、おもしろかったです。この話にはまっとうな人間が数人しか出て来ず、ほとんどクズか詐欺師です。主人公がささやかな幸せを手に入れそうになると、その幼馴染である倉持が現れて不幸に叩き落すという繰り返しで、次はどんな不幸に見舞われるんだろうと読んでいるこっちが不安になります。

主人公は倉持を殺したいほど憎んでいるのですが、いつも最後の一線で踏み止まってしまいます。それは一体なぜなのか?二人の奇妙な関係が作られていく過程が丁寧かつリアルに描かれていて読みごたえがあります。

殺人の門

殺人の門

 

 

悩むな

ギルガメシュよ、あなたはどこまでさまよい行くのです

あなたの求める生命は見つかることがないでしょう

神々が人間を創られたとき 人間には死を割りふられたのです

生命は自分たちの手のうちに留めおいて

ギルガメシュよ、あなたはあなたの腹を満たしなさい

昼も夜もあなたは楽しむがよい

(中略)

それが人間のなすべきことだからです  

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)

 

 

東野圭吾『ある閉ざされた雪の山荘で』

読みました。

これはすげーおもしろかった。一気読みできます。おすすめです。 

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)

ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫)

 

 

薩摩流?謝り方

木戸はかつて薩摩藩長州藩に対していかに肚黒い裏切りをなしたかということを、顔色を青黒くさせつつしつこく西郷に言いつづけた。その執拗さは、そばにいた者を不愉快にさせてしまうほどだったが、西郷は怒らず、まるで柿泥棒でもして近所の口やかましい老人から説諭されている子供のようにうなだれ、終始木戸の話をきき、

「いちいち、ごもっともなこっごわす」

と、一言の弁解もしなかった。  

翔ぶが如く〈1〉 (文春文庫)

翔ぶが如く〈1〉 (文春文庫)