内田樹『日本辺境論』

読みました。
これは超おもしろかった。トビラに読み出したら止まらない、とありましたがほんとに止まりませんでした。日本論好きならば読んで損はないと思います。
個人的に最終章の日本語について書かれているくだりがおもしろかったです。日本語ってハチャメチャだなぁとよく思ってたんですが、「いや、これでいいのだ」という気分になれました。この本の前に「日本語が亡びるとき」も読んだんですが、この特殊すぎる言語は確かに守っていくに値するものかもしれないと今は思っています。

日本辺境論 (新潮新書)

日本辺境論 (新潮新書)

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で