shigechi-64's diary

自由・自主・自立・自尊

【Qiita】Laravel5.1におけるUserの論理削除機能の実装

恥ずかしながら初めてQiitaに投稿してみました。qiita.comやっぱりQiitaのほうがエンジニアの目につく確率が高いと思ったので、今後は技術的なトピックに関してはQiitaに投稿し、こちらにそのリンクを掲載するという形にしていこうと思っています。

GitHubを使ったひとりチーム開発のすすめ

個人でもチーム開発を意識しよう 個人開発でもGitやGitHubを使ってバージョン管理を行っている人は多いと思います。その場合、masterブランチ以外にブランチを切らずに開発を続けても、自分ひとりなのでそんなに困ることもないかと思います。が、実際の開発…

ポートフォリオサイトを作ってみた

Web上で名刺代わりに使おうと思い、ポートフォリオというか自己紹介サイトを作ってみました。My portfolio -Shigeo "shigechi" Nakamoto-就職とか転職活動をする際には履歴書と職務経歴書をほぼ必ず作ると思うのですが、そこまでかっちりはしていないけどな…

レポート「Webエンジニアの教科書」

今日からソフトウェア開発者になった人に本気で勧める5冊 - @ledsun blog↑こちらの記事に習って読んだ本のレポートを残そうと思います。今回はこちらの本。Webエンジニアの教科書作者: 佐々木達也,瀬川雄介,内藤賢司出版社/メーカー: シーアンドアール研究所…

N予備校で学んでいる

最近、N予備校で学生時代の勉強をやり直しています。N予備校では中学・高校で習うことがだいたい網羅されている印象ですが、コンピュータサイエンス系の授業もかなり充実しています。もともとはそのコンピュータサイエンス系の講義をを受講しようと思ってい…

Laravel Collectiveのlink_to系から生成されるリンク文字列にBootstrapのglyphiconを挿入できるかどうかで悩んだ

結論 たぶんできないっぽいです。aタグはviewに直接書いてしまい、URL部分にrouteを使う方法を採りましたが他にやり方はあるかもしれません。 そもそもLaravel Collectiveって何 本題に入る前に気になったので。Laravelで使用できる外部ライブラリってのは判…

paizaのスキルチェックで使える標準入力取得用コード(PHP)

入力が1行の場合と複数行の場合があるのでそれぞれ掲載してみる。paiza_get_oneline.php

瞬間英作文用のWebサービスを作ってみた

瞬間英作文という英語のトレーニングがあって、一時期けっこうやってました。公式サイトにも説明がありますが、簡単な英文を使って、日本語から英語に瞬時に変換する「英語回路」を作る、というのが目的のトレーニングです。(瞬時に変換する、というところ…

LaravelアプリケーションをHerokuにデプロイ後、謎のエラーに苦しんだ話

結論 Laravelで作ったアプリケーションは/vendor以下がデフォルトで.gitignoreに含まれている為、gitリポジトリに変更が反映されない。従って、/vendor下のファイルに修正を加えた場合、シンプルにHerokuにデプロイしただけではHerokuアプリにはその変更は反…

Laravel5.1の認可機能でユーザの権限管理をしたい

Webアプリケーションにおいてユーザの権限管理をしたい場面というのはよくあると思います。管理者だけに見せたいページや機能とかですね。Laravelでどうやるのかなーと思っていろいろ調べていました。公式を読むと、組み込みで用意されている「認証」という…

放送大学の授業はおもしろいと思う

この春から大学生になり、手始めに英語の科目を履修してみましたがなかなかおもしろいです。英語の文法というよりは、なぜそういう考え方になるのかという言語の成り立ちの背景的な部分の説明がたまに入るのでそれが興味深いです。 「空間と前置詞」という授…

大学生になった

この春から放送大学に入学し、大学生になりました。理由は学位が取りたいからです。放送大学は教養学部という学部のみなのですが、教養学部というだけあって分野が幅広く、いろいろと面白そうな科目があります。しかしながら、できるだけ早く単位を取得して…

悪魔召喚プログラム作ってみた

女神転生シリーズに出てくる悪魔召喚プログラムをRubyで作ってみた。といってもただ単に文字列をゆっくり表示させるだけのプログラムです。 真・女神転生のオープニングがかっこよくて好きなので作ってみました。たまに走らせて悦に入っています。 def DSP_i…

東野圭吾『殺人の門』

読みました。 けっこう長い話だけど、おもしろかったです。この話にはまっとうな人間が数人しか出て来ず、ほとんどクズか詐欺師です。主人公がささやかな幸せを手に入れそうになると、その幼馴染である倉持が現れて不幸に叩き落すという繰り返しで、次はどん…

悩むな

ギルガメシュよ、あなたはどこまでさまよい行くのです あなたの求める生命は見つかることがないでしょう 神々が人間を創られたとき 人間には死を割りふられたのです 生命は自分たちの手のうちに留めおいて ギルガメシュよ、あなたはあなたの腹を満たしなさい…

東野圭吾『ある閉ざされた雪の山荘で』

読みました。 これはとてもおもしろかったです。一気読みできます。おすすめ。 ある閉ざされた雪の山荘で (講談社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1996/01/11 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 55回 この商品を含むブログ (127件) …

薩摩流?謝り方

… 木戸はかつて薩摩藩が長州藩に対していかに肚黒い裏切りをなしたかということを、顔色を青黒くさせつつしつこく西郷に言いつづけた。その執拗さは、そばにいた者を不愉快にさせてしまうほどだったが、西郷は怒らず、まるで柿泥棒でもして近所の口やかまし…

綾辻行人『殺人鬼』

読みました。 殺人鬼 ‐‐覚醒篇 (角川文庫) 作者: 綾辻行人 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2011/08/25 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (6件) を見る 血みどろぐちゃぐちゃのスプラッタ。苦…

珍しく雪が降る

数日前から居座っている寒気と低気圧の影響で、7日の夜に入って雪が降り出した。明日にかけ積雪が予想されるらしい。大阪では珍しいことなので記録しておこうと思う。 夜半に入った今、外はうっすらと雪が積もっている状態。雪の勢いはさほど強くない。風も…

Diaryからブログに

移行というか開設してみたんだけど、どういう違いがあるのかいまいちよくわかっていません。

再開?

ブログをずっと放置プレイしていましたが、ちょっとずつまた何か書いていこうかなと思います。メモ的なこととか、Twitterでのつぶやきがまとまりそうだったらまとめてみる、とか。 SNS全盛の時代だけど、やっぱりオープンなブログというものがwebには欠かせ…

ゴーヤ

ゴーヤを2株育てています。こちらは順調に育っているほう。最近、真ん中から親づる?が伸び始めました。こちらは微妙です。なんか葉っぱも枯れかけてるし大丈夫かな?でももう少し様子を見てみます。植物に水をやるのは楽しい。

2月も終わる

なんか最近は色々と中途半端でもやもやしている。片付けないといけないことはいろいろあるんだけど、どうも気が乗らなくて着手できずにだんだんそれが溜まってきていて、気持ち悪いけど動けない、動けないので片付かず気持ち悪いという負のループ。

映画『レスラー』

見ました。2008年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作品です。主演はかのミッキー・ローク。レスラー スペシャル・エディション [DVD]出版社/メーカー: NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)発売日: 2010/01/15メディア: DVD購入: 6人 クリック: 136回この商品を含…

映画『MAGIC』

見ました。前から見たいと思っていたんですが、ちょうどTSUTAYAで見かけたので早速借りてみました。 コーキー(アンソニー・ホプキンス)はさえない手品師。場末のクラブのステージで毎夜マジックを披露するが、地味なルックスも手伝って一向に人気が出ない…

中央公会堂

大阪中之島にある中央公会堂です。 青空とのコントラストが綺麗だなと思って撮ってみました。明治時代とかに建てられたのかと勝手に思っていましが、完成は1918年なので大正時代ですね。大阪市中央公会堂 - Wikipedia手前の木がちょっと(かなり?)邪魔です…

椅子

今日とあるカフェで座った椅子がものすごく座りにくくて難儀しました。背もたれが垂直で、しかも高さがあるので後ろに上体をそらす姿勢がとれない。一定の姿勢でじっと我慢できない自分にはすごく辛かった。座面も木なので固いし、回転早めるためにわざとそ…

安部公房『砂の女』

読みました。閉鎖的なコミュニティと、そこから抜け出したいけど抜け出せない、でも安住してしまえばそれはそれで安らかに暮らせないこともない、見えない牢獄のようなものを描いているのでしょうか。比喩の表現が豊富で、砂のざらっとした感覚が伝わってく…

金曜ロードショーOPファミコン風

昔の金曜ロードショーのOPをファミコン風に再現した動画があって、ものすごくツボにはまりました。PSG音源ってちょっと切ない感じのメロディとの相性が抜群だなと常々思います。

内田樹『日本辺境論』

読みました。これは非常におもしろかったです。トビラに読み出したら止まらない、とありましたが本当に止まりませんでした。日本論好きならば読んで損はないと思います。個人的に最終章の日本語について書かれているくだりがおもしろかったです。日本語って…